東京 港区 麻布の医学部予備校(医学部進学専門校)

医学部 受験・再受験の合格超特急!【医学部進学専門校 プレメディカル東京】
アクセス 組織概要 個人情報保護方針 お問合せ
お問合せはフリーダイヤル」0120142960
お問合せフォームはこちら

科目一覧

 

 

 

合格体験記

高卒生 女性 東京女子医科大学 他 合格

私は、いわゆる大手予備校に...

...続きを表示
高卒生 男性 杏林大など7校合格

僕は、大手のS予備校に……

...続きを表示
高卒生 女性 獨協医科大学AO入試合格

私がプレメディカル東京の門戸を叩いたのは……

...続きを表示

 

合格実績

【2010年~2018年の合格実績】
千葉大(医学部)  
群馬大(医学部)  
横浜市立大(医学部)   3名
順天堂大(医学部)  
東京慈恵会医科大   3名
日本医科大   3名
昭和大(医学部)   4名
杏林大(医学部)   8名
東京医大   7名
北里大   6名
東邦大(医学部)   6名
日本大(医学部)   4名
近畿大(医学部)  
東京女子医科大   7名
岩手医科大   5名
金沢医科大   7名
聖マリアンナ医科大   4名
埼玉医科大   7名
獨協医科大   3名
東海大(医学部)   2名
久留米大  
帝京大(医学部)  
藤田保健衛生大  
近畿大  
兵庫医大   2名
防衛医大   2名
産業医大  
 

在籍受験生延 67名

 

科目・講師紹介

seibutsu.gif

 

生物科主任

三宅 志和先生

東京水産大学大学院水産学
研究科博士前期課程退学

医学部入試問題における「生物」の傾向

私大医学部入試は、実験データやグラフ等を分析する考察問題を中心とした中部圏を含めた関西以西の大学と知識問題偏重とする関東以北(金沢医大を含め)の大学において、異なった傾向があるため、首都圏の医学部受験生は、ともすれば暗記と知識に偏った学習、対策に終始するケースが多く、そのため解いた事のないパターンや新傾向の問題、分析問題等に出会った際、手が出ないといった状況に陥るケースが少なくありません。
新課程を迎えた昨今の医学部入試では、ゆとり教育期間の反省のせいか、首都圏の大学でさえ実験考察問題が増加し、通り一遍の知識では解けない問題が増加しつつあることが、ここ2〜3年の特徴と言えます。新課程導入2年目となるセンター試験にも、そうした傾向がかなり強く現れています。マークセンス方式、選択問題が多くを占める大学も依然としてありますが、反面、記述、論述が必ず出題される大学も、傾向として少なくありません。
従って、よく言われる「これだけやっていればいい」「これは出ない」「これはいらない」といった言葉に惑わされることなく、基礎理論、知識事項に裏打ちされた生物学的思考力・考察力等を体系的に修得し、合格するために必要な真の実力を身につけることが重要です。

 

プレメディカル東京における「生物」の指導

生物科では、必ずしも上位者にレベルを合わせるのでもなく、また伸び悩んでいる受験生に気を遣いながらの授業でもなく、医学部合格の為の必要十分な内容を最短時間で合理的かつ理解しやすく、解説・演習することを基本としています。どの大学であっても理解し、定着させておかなければならない内容は多少の差こそあれ、それほどの違いはないからです。しかし、昨今の医学部入試では「やっぱり難しい、わからない」という状態や、「どこがわからないかがわからない」という症状に陥るのも無理も無いとも言えます。そうした症状を診断、原因を特定し、適切な処置を施すことによって「理解する→得点できる→合格する」へと導いて行くような指導を徹底し、さらに知識事項に対しては授業中に理解させ、記憶させることに目指している他、記述問題に対する添削指導等もカリキュラム的に行っています。