東京 港区 麻布の医学部予備校(医学部進学専門校)

医学部 受験・再受験の合格超特急!【医学部進学専門校 プレメディカル東京】
アクセス 組織概要 個人情報保護方針 お問合せ
お問合せはフリーダイヤル」0120142960
お問合せフォームはこちら

 

 

 

合格体験記

高卒生 女性 東京女子医科大学 他 合格

私は、いわゆる大手予備校に...

...続きを表示
高卒生 男性 杏林大など7校合格

僕は、大手のS予備校に……

...続きを表示
高卒生 女性 獨協医科大学AO入試合格

私がプレメディカル東京の門戸を叩いたのは……

...続きを表示

 

合格実績

【2010年~2018年の合格実績】
千葉大(医学部)  
群馬大(医学部)  
横浜市立大(医学部)   3名
順天堂大(医学部)  
東京慈恵会医科大   3名
日本医科大   3名
昭和大(医学部)   4名
杏林大(医学部)   8名
東京医大   7名
北里大   6名
東邦大(医学部)   6名
日本大(医学部)   4名
近畿大(医学部)  
東京女子医科大   7名
岩手医科大   5名
金沢医科大   7名
聖マリアンナ医科大   4名
埼玉医科大   7名
獨協医科大   3名
東海大(医学部)   2名
久留米大  
帝京大(医学部)  
藤田保健衛生大  
近畿大  
兵庫医大   2名
防衛医大   2名
産業医大  
 

在籍受験生延 67名

 

プレメディカル東京の紹介

最高の環境の中で生徒さま本位の指導をして、結果を出します。

プレメディカル東京は、小さな規模の予備校です。大々的な宣伝はしておりませんし、ビルに看板も出していません。そもそも、けばけばしい看板の出ていないような静かな街、港区 麻布に立地し、最高の指導をして最高の結果を出そうと努めている医学部進学専門校です。

特色1. 静かで安全な環境便利なアクセス

プレメディカル東京の校舎は、港区麻布、芝公園に隣接する都心の静かで安全な文教地区に位置しています。しかも、地下鉄大江戸線赤羽橋駅の真上にあるので、夜でも安心して便利に通学できます。セキュリティの行きとどいた清潔な教室と施設で、集中して学習に励んでいただけます。(※周辺に気を散らす繁華街はありません。)

⇒アクセス

さらに、生徒の皆さま個別に照明付き自習ブースと専用ロッカーがあります。自習室は月曜日から土曜日、午後9時まで開放しています。


※ プレメディカル東京の充実した自習室は、合格者の皆さまから非常に高い評価をいただいています。

⇒施設紹介

●提携学生寮の完備
生徒は全国から集まってきます。特に遠方の方に安心して充実した受験生活を送るために提携学生寮(大江戸線沿線など)をご紹介しています。
⇒提携学生寮

※ プレメディカル東京は、港区麻布の静かで安全な勉学に集中できる環境にあるので、特に(都会の退廃への免疫の少ない)遠方の方に高い人気をいただいています。静かで安全な環境の提携学生寮に住むことで、「提携学生寮⇔プレメディカル東京」の往復の生活を続け、急速に学力を伸ばして栄冠を勝ち取られるケースがよくあります。

 遠方でなくても通学に1時間以上かかるような場合には、あえて学生寮に入って勉学に集中するという方法もあります。

特色2. 1クラス原則4名以下の個別型クラス授業

 [きめ細かい指導とライバルとの切磋琢磨の両方をねらう欲張りな授業形式]

クラス授業は高校生・高卒生各コースとも1クラス原則4名以下とし、限りなく個別に近い形で行います。生徒一人ひとりに分かるまできめ細かく指導する個別指導の良さと、同じゴールを目指す良き仲間・ライバルが、お互い助け合い、切磋琢磨するという集団型クラスの良さを兼ね備えた、「個別型クラス」で、最大の効果を目指します。分からなければ、その場で積極的に手を挙げ自由に質問することで、自らを磨くことができます。クラスは学力テスト実施のうえ、編成するので、自分のレベルに合った授業が受けられます。

⇒予備校選びのポイント

●医学部進学コース(高卒生対象)
1日2科目・4コマ(80分×4=5時間20分)の授業が月曜日から金曜日まであります。土曜日の午後に、2週間に1回全科目の復習テストを実施し、理解度をチェックした上で、学習計画を見直します。毎週、小論文演習と英文法・語法演習も行います。土曜日は志望校に向けた個別の二次試験対策に充てる場合もあります。さらに、年最大6回当校全額負担による校外全国模擬試験を受験することで、現状レベルを把握すると共に合格に向け精度を高めます。
⇒カリキュラム
※授業内容を補う映像授業(自主学習)
医学部進学コースの生徒は映像授業を受けられます。映像授業はタブレットやスマートフォン上での受講が可能で、各科目の単元毎の基礎を振り返ったり、応用問題を解いたりすることができます。教務サイドで各生徒の得意・苦手分野や傾向をチェックし、学習計画を定期的に見直し提案します。
●現役進学コース(高校3-1年生対象)
現役進学コース(高校生対象)は、1日2科目・4コマ(80分×4=5時間20分)の授業が月曜日から金曜日ま であります。2週間に1回の復習テストを実施し、理解度をチェック、弱点補強をします。さらに週一回、英単語・熟語テストも同時に行います。土曜日は志望医大に向けた個別の二次試験対策に充てることも可能です。
特に校外全国模擬試験は、合格標準と精度を高めます。
⇒カリキュラム

特色3. 個別指導で弱点を克服

 [弱点は一対一で徹底的につぶす]

●個別指導コース

高卒生、高校生、社会人(大学卒業生)のすべてが対象です。生徒と講師の一対一による1コマ・80分の個別指導を自由に取っていただきます。プレメディカル東京の個別指導は、独立した教室を使うので気が散らず集中できます
不得意・弱点科目の克服、得意科目の一層の強化を目的として、講師と相談しながら進め方を決定します。また、センター試験に対応した国語や社会科も受けることができます。個別指導は基本的に生徒に合わせた時間・希望する科目数と併せて自由に設定できます。
スタートも年間を通じていつからでも可能です。
⇒カリキュラム

特色4.丁寧な生徒指導

●徹底した目標管理の実施
医学部合格という大目標から、日ごと、週ごとの学習に関する目標まで展開し、これを毎日、毎週、目標の設定⇒実施⇒振り返り⇒必要に応じ是正、というサイクルを回します。大目標を見据えて自分が今何をやっているのかを分かって勉強できる強い受験生をつくり、その学力を飛躍的に向上させることを目指します。
●不得意科目の分析と志望校のアドバイス
医学部受験では、どの科目も高得点が必要です。校内・外部各種の模擬試験結果を基に、整頓個別データを分析し効果的な克服方法を面接しアドバイスします。また後期は具体的な志望校別の授業と個別の指導も適宜行います。
●生徒指導
生徒は登下校時にタイムカードを打刻します。事前連絡のない欠席者にはスタッフがすぐに本人に連絡を取り、安否確認を行うことにより、出席し続ける意欲と努力が合格へ繋がることを自覚させます。また少人数制のため、スタッフ・講師とのコミュニケーションはいつでも充分にできます。 受験勉強では気分が落ち込むこともあります。いつでも開放感のあるスタッフルームでは、スタッフや講師に気軽に相談が出来ますし、常時おやつや飲物の用意されたサービスラウンジで、生徒同士気分転換も図れます。また、全生徒に無料の毎夕食サービス(月~金)も行っております。
⇒施設紹介
●保護者との密な連絡
保護者へは随時、出席状況・各種テストの成績・学習に取り組む姿勢などのレポートを郵送します。また、定期的に保護者面談を実施することで、生徒の現況をお伝えします。さらに、個々の進捗状況などの電話によるお問い合わせにも、随時詳しくご説明しています。

 

特色5. 医学部入試に精通した講師陣

指導する講師は、講師である以前に教育者(人格者)であることを自覚し、長年医学部受験の第一線で指導してきた合格実績豊富なベテラン講師です。また「赤本」や参考書にある解説の執筆や、独自にテキストを出版するなど、教壇以外でも受験に向けた様々な活躍をしています。当校ならではの「合格への近道」を十分把握する教務スタッフ・講師陣が、最新情報・入試傾向分析に基づき、国公立・私立医大ともに、合格へ向け万全の体制でバックアップします。

⇒講師陣

特色6. 「医の心」の指導と独自の二次対策

プレメディカル東京の学長は世界的に有名な心臓外科医の廣瀬輝夫医学博士です。当校では最新の医療倫理・医療概論の指導は、患者の気持に立った「医の心」を育み、医学生に不可欠な適性を磨きます。さらに小論文や二次面接の対策として自信を深める機会にもなります。


⇒関連する合格体験記


特色7. 社会人・編入学試験にも注力

●編入学コース(社会人・大学生対象)
大学卒社会人や大学2年修了以上の学生を受け入れる医学部が増える中、当校では編入学試験対策にも力を入れています。社会人や編入学志望者には、個別にカリキュラムの編成を行います。また編入学についても菊医会/ジャパン・メディカル・ソサエティ(JMS)が、各医大・医学部との交流による最新の情報を基に、入試までのスケジュールに沿って的確な指導・アドバイスを行います。不得意・弱点科目の克服、得意科目の一層の強化を目的として、講師と相談しながら進め方を決定します。また、センター試験に即した国語や社会科の各科目も本コースで行います。個別指導は基本的に生徒に合わせた時間・希望する科目数と併せて自由に設定できます。
⇒カリキュラム