医学部合格超特急!東京都港区にある医学部受験・再受験のための専門校

医学部 受験・再受験の合格超特急!【医学部進学専門校 プレメディカル東京】
アクセス 組織概要 個人情報保護方針 お問合せ
お問合せはフリーダイヤル」0120142960
お問合せフォームはこちら

無料体験授業受付中「お問合せ・お申し込みは今すぐこちらをクリック」

無料体験授業受付中!

英語・数学・理科・小論文各科目のベテラン講師陣が年々難関化する医学部攻略のための学習対策を無料で伝授します。体験授業は学校見学と併せて随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

プレメディカル東京の医学部受験対策の特徴

プレメディカル東京の医学部受験対策の特徴

1クラス8名以下の個別型講義

一人ひとりに分かるまできめ細かく指導します

国公立・私大医学部入試に精通した講師陣

多くの生徒を合格に導いたベテランが多数

特待生制度あり

本科生・現役生の成績優秀者を特待生として授業料を減免します

弱点を克服する個別指導

一人ひとりにあった内容で合格を実現

私大医学部2次合格へ当校独自の対応と「医の心」を指導

学長・各医大教授による特別講演でモチベーションUP

校外全国模試は当校費用で

全員無料で年6回受験し、成果を試します

清潔感のある教室と専用自習机

朝9時から夜9時まで専用ブースのある自習室

保護者との密接な連携

スタッフ・講師が学習状況を定期的に直接報告会

提携学生寮を完備

学習に専念できる安全な住環境を紹介

月~金曜 夕食(特製弁当)無料支給!

おやつも飲料も常備しています
JMS誌シリーズ「医学部新時代」、医学部受験生やそのご父兄の方に進呈!「お問合せは今すぐこちらをクリック」
医大・医学部に最も近い予備校は、プレメディカル東京。少人数制ならではの面倒見の良さと、医大・医学部に精通した当校ならではの授業を通じて、医大・医学部が求める「活かせる知力と医の心」を備えた医学生を育成します。

合格体験記

高卒生 女性 東京女子医科大学 他 合格

私は、いわゆる大手予備校に1年間通っていましたが、残念ながら……

...続きを表示
高卒生 女性 獨協医科大学AO入試合格

私がプレメディカル東京の門戸を叩いたのは様々な入試形態に対応した医学部専門予備校……

...続きを表示
現役生 男性 東京医科大学特待合格・杏林大・東邦大合格

僕は、高1の春からプレメディカル東京に通い始めました。自宅からも近く、また……

...続きを表示

合格実績

【2010年~2018年の合格実績】
千葉大(医学部)  
群馬大(医学部)  
横浜市立大(医学部)   3名
順天堂大(医学部)  
東京慈恵会医科大   3名
日本医科大   3名
昭和大(医学部)   4名
杏林大(医学部)   8名
東京医科大   7名
北里大   6名
東邦大(医学部)   6名
日本大(医学部)   4名
近畿大(医学部)  
東京女子医科大   7名
岩手医科大   5名
金沢医科大   7名
聖マリアンナ医科大   4名
埼玉医科大   7名
獨協医科大   3名
東海大(医学部)   2名
久留米大  
帝京大(医学部)  
藤田保健衛生大  
近畿大  
兵庫医科大   2名
防衛医科大学   2名
産業医科大学  
 

在籍受験生延 67名

News&Topics

2ページ中1ページ目
<< 1 2 >>
目標管理のご紹介

...続きを表示

驚速学習法のご紹介

[驚速学習法とは]

「驚速学習法」は、プレメディカル東京代表の加藤がネーミングしたものです。自分自身で、あるいは傍から見て、驚くほど速くなるという意味です。要は、以前の自分と比べたら格段に速くなるのですが、その到達点や速くなり方は人によって異なることは、あらかじめお断りします。

例えるなら、100メートルを19秒かかって走っていた人が16秒で走れるようになったら、驚くほど速くなっています。しかしその絶対水準はそれほど大したことはありません。逆に100メートルを9.59秒で走る人が、そのタイムを9.39秒に縮めたとしたら、その絶対水準はものすごいものがあり、まさに人類の進歩とまでいえるものですが、縮めた秒数は0.20秒で先ほどの3秒の短縮と比べると15分の1に過ぎません。

どちらの例も、驚くべき進歩です。これを受験勉強の上で行うのが「驚速学習法」です。

 

[何を速くするのか]

すべてを速くします。頭の回転、体の動き、目の動き、反射神経など。

何から何まで速くする心がけが必要です。のろのろ歩くことをやめ、さっさと歩く。カバンから本やノートを取り出すのも速くするなども大切なことです。

 

「読み書きそろばん」といいます。勉強においては、この3つを速くすることによってすべてを速くすることができます。


[どのようにして速くするのか]

英語の場合では、まず速く読むことが大切です。驚速学習法では速く音読する「速音読」を重視します。目で字をキャッチし、頭でどういう意味か、どういう発音かを判断し、全身を使って発音する、これを速くすることで、頭の回転、体の動き、目の動き、反射神経を鍛えることができます。

同じ文を繰り返し、速く読む訓練をする。ストップウォッチを使って、何秒で読めたかを記録する。どれだけスピードアップしたかを計るということです。

外国語を読むとき、通常、音読できる速度より速く、意味を正確にとらえながら黙読することはできません。音読の速さを速めることこそが、試験で問題を読む速度を上げる道なのです。

 

数学においては、解法の再現と計算力です。問題を見た瞬間に解法が思い浮かぶかが勝負を分けます。

解法の再現では、目で問題文をキャッチし、頭の中の解法のストックの中から適するものを探し出し、口で表現します。

計算練習では、目で問題をキャッチし、頭で瞬間的に計算をして、素早く書きます。

ポイントはどちらも同じ問題を繰り返しやることにより、頭の中の回路を太くすることにあります。

...続きを表示

2018年度 本科生 後期授業スタート‼

合格一直線!後期授業(9/3)スタート!≫
医師組織が設立した、日本で唯一の医学部進学専門校プレメディカル東京では、いよいよ2018年後期授業が開講します!

後期授業は9/3スタート!
途中入学も大歓迎です。
高卒生、高校生、社会人・編入学…生徒に合わせた親身な指導で、医学部進学までの最短距離を実現します。
最終仕上げは100%の合格を誇るプレメディカル東京で!!

“志望校別合格特訓個別講座”

...続きを表示

2018年度 夏期講習スタート‼

7月23日(月)より夏期講習スタート!

夏期講習では演習に特化した授業を展開します。
受験生にありがちな演習不足を夏の間に解消し、後期の実力発揮へと繋げます。

夏期講習の講義内容はこちらよりご覧いただけます! 【夏期講習カリキュラム】

...続きを表示

2018年度 第1回 廣瀬輝夫学長講演会 6月23日(土)開催!

テーマ「医学部受験生に求められる知性と感性(前)」


昨今の医学部受験では、基礎学力のみならず状況に則して考えられる人間力が問われてきています。開校以来、「医の心」を重視してきた当校は、毎回好評の学長講演会を6月23日(土)に実施いたします。テーマは「医学部受験生に求められる知性と感性(前)」です。


講演開始時刻は13:00より約1時間です。終了後、懇親会を予定しています。

...続きを表示

【シリーズ】 医学部新時代⑤ 東京慈恵会医科大学

本校経営母体に当たる株式会社菊医会/The Japan Medical Societyが発行する月刊誌『JMS』では、

本年1月号より私立医大・医学部理事長との対談記事を掲載しています。

5月号では、東京慈恵会医科大学理事長の栗原敏先生にご登場いただきました。


医学部新時代 東京慈恵会医科大学


************************************************

1881年5月1日に創立された「成医会講習所」を源流とする東京慈恵会医科大学。学祖は、脚気の原因について栄養欠陥説を提唱し、日本海軍から脚気を撲滅した人として世界的に名高い高木兼寛氏。その高木氏は「病気を診ずして病人を診よ」という患者中心の姿勢を貫き、貧しい病人を救うための「有志共立東京病院」なる慈善病院を設立。また、「医師と看護師は車の両輪の如し」という言葉を遺し、医療における看護師の役割の重要性を説いた高木氏は、日本初の看護婦教育所の誕生を主導した。ここに施療を礎とした医療・医学の原点を見ることができる。  シリーズ「医学部新時代」の第5回には、栗原敏・学校法人慈恵大学理事長にご登場いただき、同大学の長い歴史を回顧しつつ、2020年のオリンピック開催を控え、外国人診療が要請される中での同大学が目指す今後の教育や研究、診療体制の在り方についてお話を伺った。

************************************************

本内容にご関心をお持ちの医学部受験生そのご父兄の方、こちらよりお問い合わせください!【お問い合わせ先】 

掲載誌に当たる『JMS5月号』をご郵送いたします。

...続きを表示

【シリーズ】 医学部新時代④ 関西医科大学

本校経営母体に当たる株式会社菊医会/The Japan Medical Societyが発行する月刊誌『JMS』では、

本年1月号より私立医大・医学部理事長との対談記事を掲載しています。

4月号では、関西医科大学理事長の山下敏夫先生にご登場いただきました。


医学部新時代 関西医科大学


************************************************

1928年、西日本初の女子医育機関として創設された関西医科大学。設立時は「大阪女子高等医学専門学校」であったが、戦後の新学制により47年に「大阪女子医科大学」、そして54年に現在の「関西医科大学」へと改称し、男女共学校としてスタートした。そして本年、看護学部が開設されたことを受け、単科大学から医療系複合大学へと大きく生まれ変わった。その建学の精神は「慈仁心鏡」。すなわち、「慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人の育成」。この精神は「総合医療センター」内に完成予定のホスピタルガーデンにも結実している。  シリーズ「医学部新時代」の第4回には、山下敏夫・学校法人関西医科大学理事長にご登場いただき、創立 90周年を控え、伝統ある同大学の歴史を回顧しつつ、それを活かした大学の今後の取組みや地域における大学の在るべき姿、目指す方向性等についてお話を伺った。

************************************************

本内容にご関心をお持ちの医学部受験生そのご父兄の方、こちらよりお問い合わせください!【お問い合わせ先】 

掲載誌に当たる『JMS4月号』をご郵送いたします。

...続きを表示

【シリーズ】 医学部新時代③ 東邦大学

本校経営母体に当たる株式会社菊医会/The Japan Medical Societyが発行する月刊誌『JMS』では、

本年1月号より私立医大・医学部理事長との対談記事を掲載しています。

3月号では、東邦大学理事長の炭山嘉伸先生にご登場いただきました。


医学部新時代 東邦大学


************************************************

1925年、額田豊、晉、両兄弟によって女性への科学教育を行う学校として創設され、90年以上の歴史を誇る東邦大学。設立当時は女子のみを受け入れる「帝国女子医学専門学校」として発足したが、戦後「東邦大学」と改称し、男女共学校としてスタートした。大森キャンパスにある医学部・看護学部、習志野キャンパスにある薬学部・理学部・健康科学部、の計5学部から成る国内屈指の自然科学系の総合大学でもある。学祖・額田晉氏の著書『自然・生命・人間』に由来する“ 自然・生命・人間” の建学の精神は、今に至るまで継承され、医学や生命科学の実践の場において具現化されてきた。そしてその精神は、6月に開院する新大橋病院の中にも息づいている。  シリーズ「医学部新時代」の第3回には、炭山嘉伸・学校法人東邦大学理事長にご登場いただき、開院を控えた新大橋病院の完成までの軌跡を中心に、新病院の中での働き方、羽田空港を拠点に進む今後の国際医療の取組み等について、お話を伺った。

************************************************

本内容にご関心をお持ちの医学部受験生そのご父兄の方、こちらよりお問い合わせください!【お問い合わせ先】 

掲載誌に当たる『JMS3月号』をご郵送いたします。

...続きを表示

医学部受験生が見直すべき予備校選びのポイント!

予備校選びのポイント――わが子の個性を見極めたマッチングを

大手VS中・小規模

医学部受験突破の鍵を握る予備校選びは、わが子にまかせきりにするのではなく、親御さんにも積極的に取り組んでほしい。新たに学校を探すのであれば、パンフレットやインターネットの情報だけを頼るのではなく、できれば自ら出向き、実際に雰囲気を確かめてみよう。わが子がすでに通っている学校にも足を運んでみるのも良い。指導してもらっている講師とも話ができれば、指導力や人柄などが分かるはずである。 

予備校は、大手と中・小規模の2タイプに大きく分けられる。大手は医学部だけではなく全学部を目指す受験生をターゲットとし、中・小規模校は医学部や歯学部など医学系学部を目指す受験生のみを集めている。どちらを選ぶにしても、わが子の個性に合っているかどうかが最重要ポイントとなる。 

例えば、集団の中で勝ち抜くのが苦手な受験生が、競争力を身につけようとして、大手予備校に通ったとする。これが吉と出るか凶とは受験生の個性による。何事にも前向きな受験生であれば、その集団でがんばろうと意欲的になれるが、そうでない場合は大勢の仲間に囲まれることで苦手意識が先に立ち、むしろ萎縮してしまう。これでは逆効果だ。この場合は、少数の仲間と切磋琢磨しながら学べる中・小規模校を選んだほうが、本人も心落ち着き、環境に惑わされることなく力を伸ばすことができる。自信と競争力も自然と生まれてくるだろう。 わが子の個性に合い、モチベーションを持続させる環境が整っている予備校とのベストなマッチングを心がけたい。


大手予備校と中・小規模予備校の特徴

大手予備校については、細かいサポートがなくても一人で集中して学習に取り組める受験生は、選択肢に入れても良いだろう。しかし、1クラスの生徒が多い分、講師の眼も一人ひとりに行き届かず、できない生徒は置き去りにされるケースも少なくない。しかも、予習・復習の進捗状況や宿題の進め方など、管理面もすべて自己に委ねられている。また、最も大事な夏期では、自習室の取り合いや、予約が必要なケースも少なくなく、結果、予備校から漏れ、図書館やファミレスで自習を続ける生徒も見受けられる。 

一方、中・小規模予備校については、大手予備校にはない様々な特徴が見られる。例えば、少人数のクラスと個別指導を標榜している小規模予備校では、綿密な授業計画と効果的な勉強方法を呈示してくれるため、自己管理ができない生徒には有効であるようだ。そこでは大手予備校による外部模擬試験も受験可能となっておいる。

ただ、中・小規模予備校にも相応のリスクがある。それは大手予備校と違い、歴史と信用に乏しい予備校が多いことである。大手予備校は歴史の中で淘汰された残ったものであり、マスプロ授業で「ついてこれる人はついてくる、ついて来られない人はそれまで」というスタイルには受験生、保護者はそれなりに納得している。中・小規模の特に医学部専門の予備校は学費も高いだけに、十分慎重に吟味して選んでいただきたい。 

医学部受験はご存じのように、国公立大はもとより中堅私立の入試でもハイレベルの学力が要求される。また各医学部の問題傾向も千差万別で、月並みな指導ではなかなか合格点は狙えない。しかも、そこでは学力のみならず、小論文での発想や文章構成力、面接対応も問われてくる。そこで注目されるのが、小規模の医学部専門予備校だ。


ターミナル駅VS文教地区

多くの予備校はターミナル駅の周辺に林立している。もちろん交通の便もあるが、通う生徒が、「高校は地元に行かされたから、予備校くらいは渋谷に行きたい!!」とばかりに、楽しい街に行きたがるのだろう。行きたがる生徒が多いから、予備校も盛り場の周辺に林立するのがスタンダードになり、ある意味奇観を呈している。

医学部専門予備校も例外でなく、ターミナル駅周辺に林立する予備校のビルから深夜、予備校生が夜の街に出てくる

盛り場にある予備校の欠点は、改めて書く必要はなかろう。長所は、誘惑に耐えて勉強することが精神修養になることだろう。

文教地区にある予備校の場合、プレメディカル東京を例に挙げると、周囲にはそれこそ遊ぶ場所は何もない。教室からエレベータを降り、ビルを出ると、2メートル左にある地下鉄の入口に入るだけである。

文教地区にある予備校の長所は、安全であり、勉強に集中できること。欠点は、講師やスタッフが夜リラックスする場所がないということだろう。講師・スタッフは堅物が集まりやすいということも特徴であろう。

予備校選びのポイント


小規模医学部専門予備校の特徴

小規模医学部専門予備校は、合格者の口コミによって受験生を確実に集めている。以下、小規模医学部専門予備校のメリットを見ていこう。

⑴ 最新で豊富なデータ 医学部受験ガイドや赤本、参考書はもとより、医大からの情報・過去の受験生の体験談など、医学部に絞った詳細な情報を蓄積しているため、医大毎の効率のよい指導を受けることができる。

⑵ 経験豊富な指導陣 医学部入試に精通した講師陣と学習進路相談の経験豊かな教務スタッフが、医学部合格へ向けた万全の体制を提供してくれている。

⑶ 少人数クラスの指導 1クラス10名以下、あるいはさらに少人数定員の専門予備校では、講師が生徒の理解度を確認しつつ臨機応変な授業展開が可能。習熟度や個性を一人ひとり把握してもらうことで、講師と生徒間で高密度なコミュニケーションと信頼感が構築される。また、実力が拮抗した仲間同士が切磋琢磨しながら、実力を高めていくことが可能となる。

⑷ 精選された教材 医学部受験を知り尽くした講師陣が、基本テキストに加えて各生徒に合わせた個別課題を付与し、限られた学習時間内で、効率よく最大の成果を上げられるような指導を伝授してくれる。

⑸ 行き届いた生徒管理 授業の出欠確認だけでなく、1日の生活の流れも把握し、必要な場合は厳しい指導もメンタルケアも行う。なお、他の予備校になじめず途中入校した場合、このフォローは心強い。また、とりわけ受験勉強のみならず生活面でも不安やストレスを抱える地方出身の生徒に対しての相談も怠らない。教務スタッフ全員が、生徒全員に1日に1回は声をかけられる環境が整備されている。

⑹ 家庭との緊密な提携 電話等で随時家庭と連絡を取ることで、生活面での細かいフォローが充実している。加えて、予備校での学習状況・生活面を盛り込んだ保護者報告や、定期的な保護者面談も行われている。安心しわが子の受験を見守ることができる。

⑺ 快適な学習環境 校内はコンパクトながらも、大手以上の設備が充実している。個別ロッカー、ブース式の自習室、無料のウォーターサーバーやコピー機など、大手予備校が叶えられないサービスを提供。リフレッシュ可能な内部環境と、ホスピタリティーとを併せ持つ専門予備校も少なくない。  

以上、小規模医学部専門予備校の特徴を見てきたが、いずれも難関な医学部に合格するために、小さいながらも配慮の行き届いた小規模医学部専門予備校を、検討する価値はありそうだ。予備校の決定は合否に大きく関わってくるため、貴重な時間を無駄にしないよう、一人ひとりに目が行き届き、充実した指導を受けられる環境を、是非、選択していただきたい。


医大・医学部が求める「活かせる知力と医の心©」を備えた医学生を育成!!


医学部が求める「活かせる知力と医の心」を備えた医学生を育成する、プレメディカル東京

...続きを表示

【シリーズ】 医学部新時代② 岩手医科大学

本校経営母体に当たる株式会社菊医会/The Japan Medical Societyが発行する月刊誌『JMS』では、

本年1月号より私立医大・医学部理事長との対談記事を掲載しています。

2月号では、岩手医科大学理事長の小川彰先生にご登場いただきました。


医学部新時代 岩手医科大学


************************************************

地方で唯一、明治期からの歴史を連綿と受け継ぐ岩手医科大学。創立者・三田俊次郎氏が掲げた「医療人たる前に誠の人間たれ」を建学の精神とする同大学は、創立の原点でもある地域医療を住民目線で担ってきた。そして創立120周年を経てもなお、矢巾地区に新病院設立事業に着手するなど、さらなる発展の途を辿っている。その新病院には、自力によるエネルギー供給システムや病院まで繋ぐETCスマートインター、地上のヘリコプター基地等、目を引くものばかり。とはいえ、こうした斬新さは建学の精神「誠の人間の育成」、その上位概念でもある“ 医師は患者の傍に” の精神によって支えられている。なるほど、新病院では病室の傍に医師の居住スペースが設置され、患者の待合スペースを各診療科が取り囲むように設計されている。高齢者に余分な歩行を強いない、効率の良い動線が敷かれている。  

「シリーズ医学部新時代」の第2回には、こうした地方からの医療創生を地で行く小川彰・岩手医科大学理事長にご登場いただき、来年の新病院開設を見据えた岩手医科大学の在り方、その目指す方向性についてお話を伺った。

************************************************

本内容にご関心をお持ちの医学部受験生そのご父兄の方、こちらよりお問い合わせください!【お問い合わせ先】 

掲載誌に当たる『JMS2月号』をご郵送いたします。

...続きを表示