医学部合格超特急!東京都港区にある医学部受験・再受験のための専門校

医学部 受験・再受験の合格超特急!【医学部進学専門校 プレメディカル東京】
アクセス 組織概要 個人情報保護方針 お問合せ
お問合せはフリーダイヤル」0120142960
お問合せフォームはこちら

無料体験授業受付中「お問合せ・お申し込みは今すぐこちらをクリック」

無料体験授業受付中!

英語・数学・理科・小論文各科目のベテラン講師陣が年々難関化する医学部攻略のための学習対策を無料で伝授します。体験授業は学校見学と併せて随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

プレメディカル東京の医学部受験対策の特徴

プレメディカル東京の医学部受験対策の特徴

1クラス8名以下の個別型講義

一人ひとりに分かるまできめ細かく指導します

国公立・私大医学部入試に精通した講師陣

多くの生徒を合格に導いたベテランが多数

特待生制度あり

本科生・現役生の成績優秀者を特待生として授業料を減免します

弱点を克服する個別指導

一人ひとりにあった内容で合格を実現

私大医学部2次合格へ当校独自の対応と「医の心」を指導

学長・各医大教授による特別講演でモチベーションUP

校外全国模試は当校費用で

全員無料で年6回受験し、成果を試します

清潔感のある教室と専用自習机

朝9時から夜9時まで専用ブースのある自習室

保護者との密接な連携

スタッフ・講師が学習状況を定期的に直接報告会

提携学生寮を完備

学習に専念できる安全な住環境を紹介

月~金曜 夕食(特製弁当)無料支給!

おやつも飲料も常備しています
JMS誌シリーズ「医学部新時代」、医学部受験生やそのご父兄の方に進呈!「お問合せは今すぐこちらをクリック」
医大・医学部に最も近い予備校は、プレメディカル東京。少人数制ならではの面倒見の良さと、医大・医学部に精通した当校ならではの授業を通じて、医大・医学部が求める「活かせる知力と医の心」を備えた医学生を育成します。

合格体験記

高卒生 S・T君(県立熊谷西高等学校卒)埼玉医科大学合格

私が医学部受験を真剣に意識しだしたのは、高校二年生の冬でした。……

...続きを表示
高卒生 M・Kさん(市立甲陵高等学校卒) 獨協医科大学AO入試合格

私がプレメディカル東京の門戸を叩いたのは様々な入試形態に対応した医学部専門予備校……

...続きを表示
現役生 R・K君(私立暁星高等学校卒)東京医科大学特待合格・杏林大・東邦大合格

僕は、高1の春からプレメディカル東京に通い始めました。自宅からも近く、また……

...続きを表示

合格実績

【2010年~2018年の合格実績】
千葉大(医学部)  
群馬大(医学部)  
横浜市立大(医学部)   3名
順天堂大(医学部)  
東京慈恵会医科大   3名
日本医科大   3名
昭和大(医学部)   4名
杏林大(医学部)   8名
東京医科大   7名
北里大   6名
東邦大(医学部)   6名
日本大(医学部)   4名
近畿大(医学部)  
東京女子医科大   7名
岩手医科大   5名
金沢医科大   7名
聖マリアンナ医科大   4名
埼玉医科大   7名
獨協医科大   3名
東海大(医学部)   2名
久留米大  
帝京大(医学部)  
藤田保健衛生大  
近畿大  
兵庫医科大   2名
防衛医科大学   2名
産業医科大学  
 

在籍受験生延 67名

News&Topics

【シリーズ】 医学部新時代⑤ 東京慈恵会医科大学

本校経営母体に当たる株式会社菊医会/The Japan Medical Societyが発行する月刊誌『JMS』では、

本年1月号より私立医大・医学部理事長との対談記事を掲載しています。

5月号では、東京慈恵会医科大学理事長の栗原敏先生にご登場いただきました。


医学部新時代 東京慈恵会医科大学


************************************************

1881年5月1日に創立された「成医会講習所」を源流とする東京慈恵会医科大学。学祖は、脚気の原因について栄養欠陥説を提唱し、日本海軍から脚気を撲滅した人として世界的に名高い高木兼寛氏。その高木氏は「病気を診ずして病人を診よ」という患者中心の姿勢を貫き、貧しい病人を救うための「有志共立東京病院」なる慈善病院を設立。また、「医師と看護師は車の両輪の如し」という言葉を遺し、医療における看護師の役割の重要性を説いた高木氏は、日本初の看護婦教育所の誕生を主導した。ここに施療を礎とした医療・医学の原点を見ることができる。  シリーズ「医学部新時代」の第5回には、栗原敏・学校法人慈恵大学理事長にご登場いただき、同大学の長い歴史を回顧しつつ、2020年のオリンピック開催を控え、外国人診療が要請される中での同大学が目指す今後の教育や研究、診療体制の在り方についてお話を伺った。

************************************************

本内容にご関心をお持ちの医学部受験生そのご父兄の方、こちらよりお問い合わせください!【お問い合わせ先】 

掲載誌に当たる『JMS5月号』をご郵送いたします。